子ども会とは

概要

子ども会(春の子ども会)は阪神間の養護施設、母子寮の子ども達を招待し、1日を楽しく過ごしてもらおうという催しである。現在は高等部生有志と神戸女学院と合同で行われている。

 


成り立ち

1959年の4月、当時の関西学院高等部の新文化総部長を中心に生徒が集まり、「高等部に何か残していきたい」という思いを語った。夏休みに学友会の生徒が話し合い、「児童養護施設と母子支援施設の子どもたちを学校に招待してクリスマス会をやってみよう!」というアイディアが出た。その後、神戸女学院高等学部と協力し合い、企画、募金活動が始まり、その年の12月24日に神戸新聞社のKCCホールで「クリスマス会」が行われた。これが子ども会の始まりである。1960年から「春の子ども会」として形を変え、今に至っている。

 


目的

この子ども会の目的は「高校生と子どもたちが共に楽しい時間を過ごす」である。子ども会の本部役員の生徒は昨年の11月に引き継ぎを行い、冬は毎週1~2回の準備に関わり、春休みには子どもたちの各施設の訪問を行う。4月に入ると放課後の準備に加え、献金を集め、学校全体から当日スタッフとGL(グループリーダー)を募集し、説明会を重ね、最終準備に入る。

 


過去のこども会

1959年から行われている「子ども会」の歴史は次のページにまとめられている。

子ども会の年表

Recent

アッセンブリーが行われました

中間試験前最後のアッセンブリーが行われました。ダンス部、数理科学部、卓球部、ラグビー部、野球部、女子バレー部、ゴルフ部と、多くの団体の表彰が行われました。また美化委員会、KGオールスターキャンプからの連絡がありました。

View details »

アッセンブリーが行われました

今回のアッセンブリーでは、吹奏楽部が定期演奏会で演奏した曲の中から、リバーダンス オープナー、ファンタスティックビースト、パーカッションソリ、リバーダンス フィナーレを披露してくれました。魅力的なパフォーマンスに会場一体 […]

View details »

イースター礼拝が行われました。

本日はイースター礼拝の時が持たれ、関西学院大学神学部で講師をされている橋本先生がお話をしてくださいました。将来のお話、生きることについてのお話などをしてくださいました。高校生の今、私たちのためになるようなお話で学ぶことが […]

View details »