関西学院高等部学友会(生徒会)

2005年度 学友会総会

 昨年の学友会総会後の反省に、「総会が特定の人の発言に終始し、生徒一人一人の参加度が低い」というのがありました。今年の学友会は、この点を改善すべく、総会に際して「生徒一人一人の意見を聞き、総会への参加意識を高める」ことを目標に掲げました。そこでまず、生徒全員に議案用紙を配布し、総会で取り上げてもらいたい議案を記入してもらいました。その結果集まった二百を越える議案をクラス委員会で絞り込み、最終的に次の三つの議案―「各教科のテスト範囲を教室に掲示する」「サンダル・短パン・タンクトップの許可」「文化祭の一般公開を、二日と三日の二日間おこなう」―を総会議題とすることに決定しました(このとき総会議題とはならなかった議案も、要望が多かったものは、七月の学友会・教師会の連絡会で教師会側に伝えました)。
 このような準備を経て、六月七日の学友会総会を迎えました。昨年の反省に基づき、学友会・各総部・委員会の業績報告と決算・予算説明は効率良く行われ、十分な議論の時間が確保されました。その後、三つの議案に関する審議に移りましたが、当初、緊張した空気で盛り上がりに欠けた議論も時間がたつに連れて活発となり、総会初参加の一年生のからも積極的な意見が出されました。「賛否両論渦巻く白熱した議論」とまではいかなかったものの、十分実のある議論になったと思います。ただ一つ残念だったのは、せっかくの議論に水を差す、感情的な発言が今年も見られたことです。それを止めることができなかった点は、議長として責任を感じています。来年は、学年を問わず、全ての参加者が気持ち良く自分の意見を表明できるような総会にして欲しいと思います。
 総会最後の採決の結果、三議案共に賛成が過半数を越えて可決され、学友会として要望書を教師会に提出しました。その後、教師会側から、「短パン・サンダル」と「文化祭一般公開日の延長」については認めないものの、「試験範囲教室掲示」については「条件付で認める」との回答を頂きました。試験範囲の教室掲示は、二学期中間考査から早速実施されています。これは、今年の総会の成果だと言って良いと思います。(学友会副会長 荻野敬介)

[カテゴリ:学友会総会]

  • [modify] 2006/11/23 10:32:10 by ofg

Copyright 2009-2015 関西学院高等部学友会

学友会総会2005

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン 印刷