関西学院高等部学友会(生徒会)

2006年度 学友会総会

2006年6月6日(火)

学友会総会を終えて  学友会副会長 松尾慎太郎

 学友会総会を終えた感想は、「もう少しよいものができたかもしれない」という後悔の念が強い。
 過去二回の総会には発言者の立場で参加し、全員参加の実感が薄いことが印象に残っている。そのため、今年度の学友会はこの課題を克服することを最重要課題としてさまざまな取り組みを行なった。まず、議案の決め方に関しては、全生徒に総会意見書を配布し、一人ひとりに今の学校生活と真剣に向き合ってもらった。そして、クラス単位で要望事項を二つに絞り、それらをクラス委員会において審議し、議案を決定した。また、今年度は、学友会本部からも総会議題を提案するという形をとった。この結果、第一号議案「生活ルール検討委員会の設置」、第二号議案「校内での携帯電話の使用許可」の二つを総会議題とすることに決定した。また、当日の議論に参加しやすいように、議題決定後、配布したプリントであらかじめ議題に対しての見解・考えを一人ひとりに持ってもらった。
 このような準備を経て、六月六日の総会を迎えた。議論に十分な時間を確保するため、学友会業績報告や予算・決算説明は前日のリハーサルのおかげでスムーズに進行することができた。その後、議論に移り、第一号議案こそ議論しにくい内容で意見は少なかったが、第二号議案は活発に意見交換がなされて良かったと思う。
 ただ、最初にも言ったとおり反省材料の多いものだったことには違いない。具体的には、議案内容が議論しにくいものになってしまったことや、発言者が三年生に偏ってしまい、実際これから高等部を背負っていく一・二年生が発言しにくかったこと、そしてなによりも時間内に終わることができなかったことなどがあげられる。これらの問題点は、議長の僕に責任があったと思う。議論をまとめることは大変難しく、臨機応変に的確な対応ができなかったことに自分の力不足を痛感した。この経験を生かし、後輩たちには今回の反省点をしっかりと伝え、来年の総会をよりよいものにしてもらいたいと思っている。最後に、協力してくださった先生方や、多くの仲間たちに感謝したいと思う。(K.G.H.REVIEW第27号より)

[カテゴリ:学友会総会]

  • [modify] 2007/06/09 08:18:11 by ofg

Copyright 2009-2015 関西学院高等部学友会

学友会総会2006

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン 印刷