関西学院高等部学友会(生徒会)

2008年度 学友会総会

 今年の学友総会は、6月3日(火)に行われ、役員会から今年度の活動方針の確認と、昨年度の決算と今年度の予算を含めた会計報告がなされたあと、今年度の議案について活発な討議がなされた。今年度の議題は以下の三つであった。

  • 一号議案 服装の規制緩和
  • 二号議案 生協と話し合う機関の設置
  • 三号議案 授業評価制度の導入

 これらのうち最初の二つがクラスから、三つ目が学友会役員会からあがってきたものである。
 まず、『服装の規制緩和』については、ここ数年よく議題になる生徒の要望の強いものといえる。数名の生徒から、「クールビズにつながるのでは?」などの緩和のメリットがあげられたり、「雨の日に靴で登校するのは気持ちが悪い」などの現実的な意見や、「規制の基準が理解できない」「教師側の注意の基準がまちまち」など規制そのものや教師の捉え方に対する意見などが出された。
 『生協と話し合う機関の設置』については、食堂やパンショップのさまざまな不便な点が挙げられ、それらを生協に伝える必要性が話し合われた。
 『授業評価制度の導入』については、最も多くの意見が提出され、熱心に話し合いが行われた。中には教師批判ともとれる厳しい意見もあったが、この議題を提出した学友会役員会が、教師評価が教師批判につながらないように配慮した方法を考えたいと応じていた。
投票の結果は

  • 服装の規制緩和
    • 賛成755票
    • 反対122票
  • 生協と話し合う機関の設置
    • 賛成775票
    • 反対93票
  • 授業評価制度の導入
    • 賛成706票
    • 反対161票

となり、三つとも可決されたのを受けて、井上学友会長から澄田部長に提出され、後日教師会で討議される予定である。
K.G.H.REVIEW第31号より)
[カテゴリ:学友会総会]

  • [modify] 2008/09/08 15:59:46 by ofg

Copyright 2009-2015 関西学院高等部学友会

学友会総会2008

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン 印刷