関西学院高等部学友会(生徒会)

2009年度学友会報告

K.G.H.REVIEW第32号より)

 学友会も新しい世代へと変わり、もう卒業という時期になりました。2009年度の学友会は、「前年度の土台を生かして更なる発展をしていこう」というスタンスで活動してきました。春の合宿ではスローガンが決まらなく、朝方まで話し合って、それでも決まらなく、次の日やっと決まりました。そのようにして生まれたスローガンは、『意思の加速〜君の納得できるゴールへ〜』でした。学友会活動や部活動、習い事など、どんなことにも、ただ成長していくだけじゃなくさらにアクセルを強めて高い意識でやっていこう、そんな思いが込められたスローガンです。この1年間は良い意味でも悪い意味でもイレギュラーなことが多かった1年だったと思います。良いこととは、野球部の70年ぶりの甲子園出場という出来事です。この甲子園出場が、僕の夏休みを、いや関学ファミリーの夏休みを"熱く"させてくれました。僕ら学友会は、アルプススタンドの応援の統括(人文字で三日月を作ったこと)とグッズ配布の手伝いをさせていただきました。先生方もバタバタしていて、断水&冷房もストップという蒸し暑すぎた日にも、先生方とああだこうだと言いながら準備をしてたのを思い出します。1回戦、酒田南に見事勝利し、甲子園球場で空の翼を声高らかに歌えたことは、本当に嬉しく最高でした!2回戦、9回表に優勝校中京大中京に追いついたときは、まさにアルプススタンドを含めた関学ファミリーが一つになった瞬間だったと思います。野球部のみんなにもう1度、ありがとうと言いたいと思います。
 悪いことは、新型インフルエンザの流行です。総会文化祭という、学友会の2大行事に影響を及ぼされました。高等部では、文化祭直前に感染がピークとなり、文化祭の開催自体が危ぶまれました。しかし、そんな中でも執行委員中心となり前向きに準備を続け、(残念ながら一部縮小はあったものの)文化祭を成功させられたことは、本当に嬉しく達成感でいっぱいでした。
 この1年間、嬉しいことだけじゃなく、辛いことも悲しいこともたくさんありました。それは、僕だけじゃなく、3年生みんなが感じていることだと思います。1人ひとりが、なにか"熱いもの(気持ち)"を持って生活してきたからこそ、今こうして成長できているんだと思っています。これから、新しい生活がはじまります。僕たち3年生は、周りの人や環境に感謝することを忘れず、これからも日々『意思の加速』をしていきたいと思います。ありがとうございました。

[カテゴリ:学友会報告]

  • [modify] 2014/02/20 02:02:26 by enu

Copyright 2009-2015 関西学院高等部学友会

学友会2009

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン 印刷