関西学院高等部学友会(生徒会)

高等部でエコ活動始まる

 この度、2008年度学友会学友会の管轄下にエコ部を発足させる事となりました。エコ部の活動目的は資源の無駄遣いをなくし必要最低限の資源を有効に使おうというものです。地球温暖化や環境破壊が社会問題となりつつある今、学校でのエコ活動というのは社会や周囲の人々に与える影響も大きく、エコに対する意識を高めることも可能だと考えています。そこでまず、高等部では手始めとして自宅から自分用の箸を持ってくるという「マイ箸活動」を進めています。最近はニュースなどで割りばしは間伐した木材しか使用していないので環境への負担は少ないとされていますが、現実は日本で消費されている割りばしの九割近くが中国産であり、高等部の食堂に置かれているのも中国産です。中国では割りばしのために伐採が行われており、さらに漂白剤などの化学薬品も使用されています。まだまだ完全には浸透していませんが、地道に呼びかけを続けていきたいと思います。また、校外へ出かけていって、植林や間伐などの環境保護活動も視野にいれています。
学友会副会長 勝見 太亮

 (K.G.H.REVIEW第31号より)
  • [modify] 2008/09/08 17:51:53 by tamago

Copyright 2009-2015 関西学院高等部学友会

2008エコ活動

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン 印刷